いぼの治療を申し込む【液体窒素やレーザーによって除去する方法】

女性

通院することも大切です

鏡を見る人

大きさの変化にも注意です

顔や体にいぼがあり、気になる方も多いですが、種類がいくつかあるため、まず自分のタイプを知る事が大切です。いぼの種類は主に三つあり、紫外線や加齢によってできる老人性ゆうぜいはざらざらとした手触りが特徴です。柔らかい隆起したイボが複数できるアクロコルドン・スキンタッグは、首や胸、そして脇にできる事があり、自分の体を確認することをおすすめします。尋常性ゆうぜいは、特に注意が必要ないぼであり、皮膚にできた小さな傷から入り込むと増殖してしまい、大きくなります。ある程度の大きさになると治療期間が長くなることがありますし、足裏にできると症状がひどい方は歩行困難になる事があります。また、表面が角質化し灰色になる事もあるため、見た目が気になる方も多く、早めに専門医に診てもらい、治療を始める事が重要です。いぼの診断は、視診だけではなく、いぼを少し削り、古い点状出血斑があるかを調べる方法もあり、不安に感じる方も診断結果を教えてもらい、安心できる方は多いため、検査が大事です。一般的ないぼの治療は、液体窒素療法とサリチル酸外用で、一回の処置で治すことは難しいケースが多く、何回か繰り返す場合があります。一度、病院で診断を受けた事で満足する患者さんもいますが、いぼ治療を中断する事で再発する可能性がありますし、他の場所へと感染する事もあるため、注意が必要です。定期的な通院が必要であることをきちんと理解して、専門医の話を聞きながら、ルールを守る事が重要になります。他にもさまざまな方法があり、できるだけ傷跡が目立たないようにしたい患者さんも安心できる治療方法を探せます。カウンセリングを受ける事で、患者さん一人一人に合ったいぼを治す方法を提案してくれる美容皮膚科もあります。レーザーで治療を行う方法もありますし、状態によっては手術による除去を進める事もでき、保険適用の確認など、相談する事が大切です。アフターケアもしっかりとしている美容皮膚科を見つける事で、万が一再発してしまった場合でも、一年間など、一定期間無料で治療してもらえる場合もあります。